HOME

Discover the Unexpected

”予定調和を超える”英語学習をしよう

日常で英語を使う機会がほとんどない・・・
せっかく学んだ英語を活かす仕事が見つからない・・・
外国人と話す機会はどうしたら作れるの・・・
どう勉強したらいかわからない・・・
勉強しようと決めたけど、結局、続かない・・・
高い英語コーチングサービスを受けたけれど、息切れしてしまった・・・

こんなお悩みをお持ちではありませんか。

そうであれば、

– とにかく英語を話すことに慣れる
– 自分の興味のある話題で、英語を学習する
– 自分のペースで、継続した学習を習慣化する
– 習慣化までをサポートする学習の伴走者がいる
– 勉強のやり方や学習計画を相談できる
– 高額サービスではないから、継続してサポートが受けられる

そんな環境があれば、チャレンジしてみたいと思いませんか。

英語学習の先に、
現在のあなたが想像する未来を”超えた”世界が待っています!

英語学習を通して、予定調和を超える

わたしはそれを経験してきました。

第2新卒で、滑り込んだ中堅メーカーの海外営業職。
スタートは、人の真似のして英文メールを書くことでした。

電話がなれば、びくつき、
自分が電話をしなくてはいけない状況に、
数時間悩み、何もできず、上司に怒られる。

しかし、人は慣れる。

海外出張やアテンドの機会を得て、
いつの間にか、楽しくなり、自信がつく。

すると、更なる高みを目指して、
外資の大手メーカーに転職。

外国人上司に、本社との電話ミーティング。

英語、できます!使いたいです!
と入社したものの、
全くついていけない。

周りは、留学経験、帰国子女だらけの環境で、
焦る自分。

けれど、やはり、人は慣れる。

英語しか使えない環境に、逃げ場はない。
いつの間にか、外国人上司と議論できるように。

そうしたら、今度は、出産。

育休中は、オンライン英会話をして
英語を話す感覚だけはどうにか維持。

しかし、復帰後、
自由と柔軟性を失った私は、
自分のキャリアを見失う。

英語が使えること。

この1点だけを譲らない条件に、転職。

小さな子どもを抱え、時短勤務の身分で
出張なんて、もう行けない。
海外営業職なんて、夢のまた夢。

そんな落胆の日々だったが、
2泊3日の上海出張が舞い込む。

英語ではないが、海外とつながる。

それを皮切りに、
チャンスと出会いが訪れ、
私はしがみついた。

タイに始まり、中東諸国へ。

さらには、
インド、東南アジア諸国へ。

さらに転職して、
オセアニア3か国に、1人で出張。

そこから最後は、
まさかのマダガスカル。

20代半ばで、
初めて海外営業職についた私は
全く想像していなかった10年間でした。

英語を諦めない。

効率的でも、最短でもないけれど、
模索しながら英語学習を続けてきた結果です

●詳しいプロフィールはこちら
わたしのこれまでのキャリア遍歴です

 現在 

英語コーチと平行して
フリーランスとして海外業務のサポートや英語翻訳など、
英語を使った仕事を継続しています。

もちろん、英語学習も続けています。

皆さまに、より価値のあるサービスを提供するために
わたし自身の実践と学びが不可欠です。

予定調和を超える人生、
まだまだ歩んでいきます!

なんか、おもしろそう。

そう思っていただけたのであれば、
ぜひ一緒に、人生変えていきましょう!